宇都宮市下砥上町の福田デンタルクリニックの診療内容|予防歯科と歯周病治療をCT、ClassB滅菌、エルビウムレーザーの先進治療で支えます

宇都宮下砥上町の福田デンタルクリニック

栃木県宇都宮市下砥上町1545-20

お電話での予約・ご相談は 028-678-5050

当院の診療ポリシー

院長写真 福田デンタルクリニックでは、患者さんとの対話による診療を重視し、むし歯の治療だけではなく、予防歯科、歯周病治療をしっかりコントロールしたお口の健康維持に力を入れて取り組んでいきます。

また、成人と小児で治療スペースを分けております。小さなお子様の治療も、不安をいだくことなく受けていただけるよう工夫しています。

お口の健康に関わるどんな小さな悩みでもご相談ください、私たちは患者様の健康の一助になりたいと思っています。

小さなお子様の治療も安心!「福田こどもクリニック」と連携しています

福田デンタルクリニックでは、小児科医院の福田こどもクリニックとの連携体制をとっていますので、 お子様のいろいろな状況に合わせたチェックをしながらの「安全で安心の治療」を行っています。

福田こどもクリニック

世界最高水準の滅菌環境と運用システムで全ての治療にあたります。

世界先端基準を満たしたClassB滅菌体制

福田デンタルクリニックでは、世界で最も厳しいヨーロッパ基準・クラスB(class big)の滅菌レベルをクリアした滅菌器を導入し、 全ての治療で、すべての患者様それぞれにご用意して診療に臨みます。
ClassBは従来からの蒸気滅菌を進化させたもので、複雑な器具の隅々まで確実に高温の蒸気を行き渡らせることができ、確実な滅菌を可能にしたものです。

ClassB滅菌器

患者様のお口に入る全ての器具は患者様ごとに滅菌して使用します。

タービン滅菌 歯の悪い部分や、詰め物や被せものを歯と一体化させるためにミクロンレベルで精密に形を整えなければなりませんが、その際に使用する切削器具が、空気圧を利用した高速回転の「タービン・ハンドピース」です。

福田デンタルクリニックではすべての器具類はもちろんのこと、タービンも全て個々の患者様専用に滅菌して診療いたします。 治療時の感染リスクがなく、安心して受診いただけます。

豆知識・ClassBと言うことはClassAもあるのでしょうか?

ClassBというと、もっとレベルの高いClassAがありそうですよね?実はそれはないのです、
従来からの一般的なオートクレーブ(蒸気滅菌・ClassNカテゴリー)も、医科でも幅広く使われ評価されている方法ですが、当院で導入のClassB滅菌器は、真空下での複数回の滅菌処理によりさらに上回るレベルの滅菌ができるものです。

滅菌レベル図
トップページに戻る

歯科用高画質CTを導入しています

高精度歯科用CTによる精密で確実な診断

従来は一歯単位での撮影やパノラマ画像といって、あご全体を平面的にとらえた画像が多く用いられていましたが、 歯が重なり合ったところなどは確実に状態を判断することは困難でした。

また、医科用CTは臓器や筋肉などの軟組織は得意分野ですが、歯やあごの骨などの硬組織は分解能も低く、ミクロン単位の施術が必要な歯科医療では、明確な診断は困難でした。

当院の歯科用CTでは、ミクロン単位で部位の状態を立体的に判断できるため、格段に診断の精度が高くなり、治療における信頼度・安全性の向上が得られます。

デジタル式のため、医科用CTの1/7と少ないX線量での安全な撮影に加え、様々な機器との連携で、患者様にご理解頂きやすい情報としてカウンセリング時にも大活躍します。

歯科用CT
トップページに戻る

エルビウム・ヤグレーザーによる治療

麻酔なしでも痛みの感じにくい治療が可能

医科でもいろいろな種類のレーザーが活躍していますが、歯などの硬組織に優れた適正のあるレーザーで、歯科領域で最も適応症例が広く、とても効果が高い安全なレーザーです。患者様にとっても大きなメリットが沢山あります。

エルビウムの紹介写真

特徴・水分に反応する特別なレーザーです

  • ■特徴■
  • 1.組織表面の水分にのみ作用し、不必要部位にレーザーが浸透する危険がない
  • 2.水分の多い虫歯部分にのみ反応し、健全歯質を守る切削ができる
  • 3.口内炎の痛みは、即時無痛化ができる
  • 4.歯と歯ぐきの間のポケット部滅菌にも大きな効果がある
  • 5.発熱が少なく、無麻酔でも痛みが出にくい治療ができる
  •  

■こんな方の治療に向いています■

  • 1.お子様の無麻酔治療
  • 2.麻酔注射を避けたい妊産婦さん
  • 3.いろいろなお薬を服用されておられるご高齢の方
  • 4.口内炎が痛くご飯が食べられない
  • 5.歯周病がある
エルビウムの無痛切削の原理
トップページに戻る

診療のご案内

診療のすすめ方

  • 【お悩み相談をしっかりカウンセリング】
  • 患者様のお話に耳を傾けて、問題点を探っていきます。患者様のお悩みやご要望、症状のチェック、日常の食生活、習慣など様々な方向から診断につなげていきます。
  • 三角矢印
  • 【検査・診断による問題点の発見】
  • 問診やお口を拝見しての視診に加え、レントゲンなどによる総合的な検査をし、お口がどんな状況なのか、なぜこうなったのかなど問題点を発見します。
  • 三角矢印
  • 【治療計画の立案とご説明】
  • 検査結果をもとに、患者様に最適な治療計画を立てます。ご説明やお話し合いを通し、患者様のご要望をお聞きしながら十分ご納得いただけるようなプランニングにしていきます。
  • 三角矢印
  • 【治療開始】
  • 診療期間中はお口の衛生状態の評価をしながら、患者様と一緒によりよい結果を導き出せるように進めていきます。
  • 三角矢印
  • 【定期メインテナンス】
  • せっかく治療をしても、以前のままの生活習慣や、歯磨きなどお口の手入れが以前と同様であればまた再発しかねません。定期的なお口のチェックは、健康を維持するためにとても大切なことです。

小児歯科

治療を怖くなく、楽しく受けていただくために

治療は患者様の協力なくしては成り立ちません。「怖くなく治療が受けられる」ことが、最初のハードルになります。お子さまが歯医者さんを嫌いにならないように、工夫をしながら治療を進めます。

当院で導入しているエルビウム・ヤグレーザーは、乳歯の切削も多くの症例で無麻酔で無痛的に行えますので、注射が怖いお子様の虫歯治療には特に大活躍します。

子供時代の乳歯は、大人になってからの理想的なかみ合わせのための、きちんとした歯並びに直結している大事な存在です。 そのためにも「虫歯にしないこと」「ちゃんと所定の位置に生えてくる」ように、経過観察も重要です。

小児歯科のイメージ写真

■お子様の治療の進め方

  • 治療の機器に触れたり、医院に慣れるための練習をします。
  • 三角矢印
  • 「こわくないところ」が伝わったらお口の検査を。
  • 三角矢印
  • 検査結果から最適な方法を親御さんとご相談。
  • 三角矢印
  • 治療に入ります。
  • 症状により、すぐにでも処置が必要なときには治療を優先いたします。
トップページに戻る

予防歯科

予防歯科とは虫歯や歯周病を未然に防ぎ、歯やお口の中を健康に保つ治療のことです。
口腔内を健康に保つには、ご自身で行うセルフケアと歯科医院で行うプロフェッショナルケアの両方がとても重要になってきます

予防歯科写真

歯科医院で行う主なケア

1.口腔内診査 歯や歯茎の状態をチェックします。
2.スケーリング スケーラーという器具を使った歯石の除去を行います。
3.歯磨き指導 一人ひとりのお口の状態に合ったセルフケア方法の指導を行います。
4.フッ素塗布 高濃度のフッ素を歯に塗布する虫歯予防処置です。(保険適用外)
5.PMTC プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングといい、普段の歯磨きでは落とせない歯垢などを専用機器で取り除く歯の清掃を行います。
6.シーラント 歯垢の残りやすい歯の噛み合わせなどの溝をプラスチックの材料で塞ぎ、虫歯を予防する処置です。
7.エアーフロー

茶渋やたばこのヤニなどのステインが強く付いている方は、通常のクリーニングだけでは完全に除去できない場合があります。
そこで水と超微細なパウダー(炭酸水素ナトリウムやグリシンなど)をウォタースプレーで吹き付けて歯の表面の汚れを取り除くエアーフローが効果的です。

当院では2種類のパウダーをご用意しております。
ー レモン味 ー
炭酸水素ナトリウム(重曹)を主成分とし、歯肉上の強固なステインを落とします。
ー ペリオ ー
アミノ酸の一種であるグリシンを主成分とし、歯肉上下のバイオフィルムの除去を目的として使用する為、歯周病治療に効果があります。

~ご注意~
・特に痛みは感じませんが、知覚過敏の方の場合には刺激を感じる場合があります。
・ホワイトニングとは違うものです。着色は落ちますが、元々の歯の色の以上に白くはなりません。

予防歯科写真

ご自宅で行う主なケア

1.歯垢を残さず落とす ご自身に合った適切な歯ブラシを使用し、毎日丁寧に磨きましょう。デンタルフロスや歯間ブラシを歯ブラシと併用することで歯垢を取り除き、歯石を予防することが出来ます。
2.細菌を増やさない

細菌が増えると虫歯になるリスクが増えてしまいます。唾液には口腔内の細菌を洗い流す自浄作用がありますが、就寝中は唾液の分泌量が減少するため虫歯の原因となるミュータンス菌などが増殖しやすい環境になってしまいます。殺菌剤配合のデンタルリンスを使用することをお勧めします。

ー 洗口液 ー
薬効成分の入っているものは、細菌の増殖を防ぎ、歯茎の炎症を抑え、口臭の予防にもなります。就寝前の使用が効果的です。

ー 液体歯磨 ー
研磨剤が入っていないため、歯の表面を傷つけることなくきれいに磨くことができます。液体であるため、歯や歯茎の隅々までいきわたり洗浄効果が高いです。

※アルコールを含むデンタルリンスは爽快感を求める方には適していますが、刺激に敏感な方や、唾液の出にくい方が使用するとお口の中が荒れたり、より乾燥してしまうことがあります。

3.フッ素をお口の中に残す

お食事等によりお口の中が酸性になると、歯からカルシウムやリンなどのミネラルが溶け出してきます(脱灰)。

フッ素は溶け出したカルシウムやリンを補うことを促進します(再石灰化)。
また、細菌の働きを弱め酸がつくられるのを抑えたり、歯の表面を覆うエナメル質を酸に溶けにくい性質にして歯を強くしますので、フッ素配合の歯磨き剤を使用することをお勧めします。

予防歯科写真
トップページに戻る

ホワイトニング

ホワイトニングとは、プラスチックやセラミックといった材料で歯を白く見せるものではなく、ご自身の歯そのものの色を白く見せることです。

ホワイトニングにはご自宅でできるものと、歯科医院で行うものがあります。どちらも保険適応にはなっていませんので、自費の治療になります。

ホワイトニング写真

ホームホワイトニング

ご自宅などで都合の良い時間帯に行っていただくことが可能です。通院する時間のない方や時間をかけて白さを求める方にお勧めです。

  • ■ ホームホワイトニングの治療の流れ ■
  •  
  • まずは口腔内環境をチェックし歯石、着色除去を行います(虫歯などの治療が必要な場合は、治療が完了してからホワイトニングを行って頂きます。)
  • 三角矢印
  • 現在の歯の色調診査を行います。
  • 三角矢印
  • 患者様のお口に合ったトレイを作製します。
  • 三角矢印
  • ホワイトニング剤をトレイに盛って、1日最長2時間トレイをはめていただきます。(*就寝中は使用できません)
  •  

効果には個人差がありますが通常1~2週間程度で効果がでてきます。

オフィスホワイトニング

ご来院頂き歯1本ずつに薬液を塗布し光照射することで歯を白くしていきます。当医院で使用しているものは低濃度の過酸化水素(3.5%)を使用しています。その為ほとんど知覚過敏が出ないのが最大の特徴です。

  • ■オフィスホワイトニングの治療の流れ■
  •  
  • まずは口腔内環境をチェックし歯石、着色除去を行います(虫歯などの治療が必要な場合は、治療が完了してからホワイトニングを行って頂きます。)
  • 三角矢印
  • 現在の歯の色調診査を行います。
  • 三角矢印
  • 歯に薬液を塗布し、1回5分の光照射を3~6回行います。(3回目以降は色調を確認しながら照射していきます。)
  •  

オフィスホワイトニング後少なくとも24時間はコーヒー・紅茶・カレー等の着色の強いお食事を控えてもらうとともに、日常生活でもなるべく気を付けていただくと、歯の白さを長く保つことができます。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方を行う方法です。短時間で白くすることが可能なため時間がない方にお勧めです。

トップページに戻る

歯周病

歯周病はこんな病気です

歯周病は細菌感染によって引き起こされる、炎症性疾患です。 歯と歯肉の境目の清掃が行き届かないと、そこに多くの細菌が溜まり、歯肉が炎症を起こし赤くなったり、腫れたりします。(痛みはほとんどの場合ありません。) 進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台が溶けて歯が動くようになり、最悪の場合歯を抜かなければいけなくなってしまいます。

歯周病進行図

どのような理由で歯周病になってしまうのでしょうか

プラークという歯の表面に付着する菌の幕(バイオフィルム)によって引き起こされます。 毎日取り除かなければプラークはお口の中で食べ物の中の糖分やデンプン質と混ざって、酸などの副産物を作り出します。この副産物が歯茎を刺激し、赤く腫れさせ、痛みを起こす原因になります。

こんな症状があったら検診を受けましょう

・歯がグラグラする ・口臭が気になる
・歯が伸びたように感じる ・冷たい水等で歯がしみる
・歯茎が赤く腫れている ・歯茎から出血する
・歯石が溜まっている ・朝起きた時口の中がネバネバする 等
歯痛のイメージ写真

診断の方法

歯周病の診断を確定するには、口腔内のレントゲン写真を撮影のほか、お口の中を詳細に検査する必要があります。検査内容には次のような項目があります。

  • ・歯周ポケットの深さ測定 
  • ・歯の動揺度
  • ・プラークの付着率
  • ・出血率

治療方法について

■ 基本治療
初期の段階や歯周病の進行を止め、回復が見込める場合の予防的な処置として行います。

ブラッシング指導 お口に合った歯ブラシの正しい使い方と、磨き残しが出やすい場所などきちんと磨けるようにします。
スケーリング 歯についた歯石や歯垢を取り除きます。
ルートプレーニング 歯茎が再び付着できるように歯の根の表面を滑らかにすることです。

■ 外科治療
一時的に歯茎を剥がし、また元に戻すことで、ポケットの深さを減少させる手術で、次のような場合に対象となります。

  • ・基本治療で歯周ポケットの深さが改善されず、ポケット内で細菌が生息している
  • ・ブラッシングで除去できない状態の場合
  • ・歯周病が進行してしまった場合

 

現在では歯周病は予防でき治療も可能です。大切なのは日々のご自身でのケアや診断、治療、そしてメンテナンスです。

トップページに戻る

入れ歯外来

入れ歯外来とは・・・

  • 「見た目が不安で、自信を持って笑えない」
  • 「大きな口を開けて笑うと入れ歯が落ちてしまう」
  • 「入れ歯が痛くて、美味しく食事を食べることができない」
  • 「違和感が強くて、入れる事さえできない」
  • 「いろんな歯科医院で何度入れ歯を作っても満足できない」
  •   etc・・・

 
そんな方に入れ歯(義歯)のお悩みを解決出来るようサポートして参ります。 まずはご相談下さい。

入れ歯のマイナスイメージ

  • ・金属のバネなどの見た目が気になる
  • ・歯の色、歯並びが浮いて見える
  • ・すぐに外れてしまう
  • ・食事中、食べ物が噛みにくく美味しく食べられない
  • ・使用時に違和感・痛みがある
  • ・発音がしにくい

 
このように、入れ歯を入れることに対してマイナスなイメージを強く持っていらっしゃる 方も多いでしょう。 あるいは、現在使用している入れ歯に不満があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

入れ歯の悩みイメージ

 

入れ歯のメリット

  • 1.こまめな調整修理・取り替えが可能
  • 2.外科的手術が不要
  • 3.常に清潔な状態を維持しやすい

保険診療と自費診療の入れ歯

保険診療の場合
保険診療で入れ歯を作成する場合、入れ歯の構造・素材の選択肢は限られます。
噛み心地や装着感、強度は自費診療のものと比べて劣ります。

保険総入れ歯の写真 保険総入れ歯の写真
保険入れ歯金属クラスプありの写真 保険入れ歯金属クラスプありの写真

自費診療の場合
自費診療で入れ歯を作成する場合、歯や床、維持装置の構造・素材の選択肢は広がります。
自費となりますので治療費は比較的高額となりますが、装着時の違和感が少なく食事時に もしっかりと噛むことができ、強度・見た目ともに優れた入れ歯の作成が可能です。

下の写真のように、固定用針金を使わず歯ぐきと同じような特殊樹脂で支え、金属部分が見えない入れ歯も可能です。

自費入れ歯の写真 自費入れ歯の写真 自費入れ歯の写真

入れ歯治療の主な流れ

step1 カウンセリング
患者様の現在の口腔内の状態や入れ歯についての診査を行い、綿密に治療計画を立 てていきます。
三角矢印
step2 治療開始
入れ歯を作製する前に、歯周病や虫歯の治療を行います。
三角矢印
step3 型取り、入れ歯の作製
歯周病や虫歯の治療が終了し、入れ歯を入れるのに最適な口腔環境を整えた後、歯科技工士が当医院にて入れ歯の作製を進めていきます。
三角矢印
step4 仮ロウ義歯の試適
仮に並べたロウ義歯をお口に入れてみて歯の並び具合や噛み合わせ等を完成をイメー ジしていただきます。その時に、ここはこうして欲しいとか御要望を伝えていただ ければと思います。
三角矢印
step5 義歯完成・調整・お渡し
仕上がった入れ歯を装着していただき、噛み合わせや装着感を確認し、必要に応じ て調整を行い、治療が完了となります。

 
当院の入れ歯外来では、患者様との入念な相談のもと、しっかりと噛める優れた装 着感の入れ歯を、国家資格を有する歯科技工士が在籍しており 丁寧に作製してます。

「現在使用している入れ歯が合わない」「入れ歯の作製を検討しているが抵抗があ る」等、入れ歯に関するお悩みをお持ちの患者様は、ぜひ福田デンタルクリニックへお気軽にご相談ください。

嬉しい入れ歯のイメージ

 

『義歯を入れる目的』

・機能の回復・
歯を失った部分を補い、人間の正常な機能を回復される
・審美的な回復・
義歯を入れる事で見た目の回復や義歯の種類によっては金具を隠した設計の義歯作製も可能
・歯の移動の防止・
歯が無くなった部分を義歯で補う事で残ってる歯の移動を防ぐ
・発音の回復・
義歯を入れる事によって歯の隙間(空気の漏れ)を埋め上手く発音できる
・噛み合わせの回復・
義歯を使用する事で正常な位置に戻すことが出来る
・誤嚥(ごえん)の防止・
義歯が無いと飲み込む事が難しく気管に入ったりして誤嚥を起こしたりする

診療内容

予約・ご相談はこちら

028-678-5050 お気軽にご相談ください

診療時間
月・水・木・金
9:00~12:30/15:00~19:00

8:30~12:30/14:00〜17:00
休診日
火・日・祝

 

  • 福田デンタルクリニック
  • 福田デンタルクリニックブログ